忍者ブログ
競馬予想 無料 3月 中山競馬場開催 中山記念についての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!
 カレンダー 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 フリーエリア 
 最新コメント 
 最新トラックバック 
 プロフィール 
HN:
中山
性別:
非公開
 バーコード 
 ブログ内検索 
 P R 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 中山記念 からの春の古馬GI競走優勝馬


1972年の第46回から春の古馬GI(級)戦線を占う競走として

施行されているが

17頭が天皇賞(春)・安田記念・宝塚記念のいずれかを制覇している。

以下は複数回出走した該当馬は優勝年を表記したもの。



回数 施行日 馬名 性齢 着順 優勝競走
第46回 1972年3月12日 ラファール 牝4 16着 第22回安田記念
第47回 1973年3月11日 ハクホオショウ 牡4 7着 第23回安田記念
第48回 1974年3月10日 ハイセイコー
タケホープ
牡4
牡4
1着
3着
第15回宝塚記念
第69回天皇賞(春)
第49回 1975年3月9日 イチフジイサミ 牡5 4着 第71回天皇賞(春)
第52回 1978年3月12日 ニッポーキング 牡5 9着 第28回安田記念
第53回 1979年3月11日 サクラショウリ
カシュウチカラ
牡4
牡6
2着
6着
第20回宝塚記念
第79回天皇賞(春)
第56回 1982年3月14日 モンテプリンス
スイートネイティブ
牡5
牝5
2着
6着
第85回天皇賞(春)・第23回宝塚記念
第32回安田記念
第57回 1983年3月13日 キヨヒダカ 牡5 8着 第33回安田記念
第60回 1986年3月9日 クシロキング 牡4 1着 第93回天皇賞(春)
第61回 1987年3月15日 スズパレード 牡6 1着 第28回宝塚記念
第65回 1991年3月10日 メジロライアン 牡4 2着 第32回宝塚記念
第67回 1993年3月14日 ヤマニンゼファー 牡5 4着 第43回安田記念
第70回 1996年3月10日 サクラローレル 牡5 1着 第113回天皇賞(春)
第72回 1998年3月15日 サイレンススズカ 牡4 1着 第39回宝塚記念






タグ:競馬予想 無料  ゲーム
PR
競馬予想 無料 中山記念 歴代優勝馬


回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師
第26回 1952年10月26日 キヨストロング 牡3 2:32 0/5 中村広 藤本冨良
第27回 1953年10月25日 ブルレツト 牝3 2:34 3/5 高橋直 高木良三
第28回 1954年11月7日 チエリオ 牝4 2:32 0/5 阿部正太郎 田中和一郎
第29回 1955年11月6日 タカギク 牡4 2:31 2/5 坂本栄三郎 杉浦照
第30回 1956年10月28日 ヒデホマレ 牡4 2:44 1/5 蛯名武五郎 田中康三
第31回 1957年7月14日 マイウエイ 牡4 1:52 1/5 古野富張 内藤潔
第32回 1958年3月30日 ミツル 牝5 1:55 2/5 野平祐二 尾形藤吉
第33回 1959年7月12日 フイリー 牝5 1:50 2/5 野平祐二 野平省三
第34回 1960年7月10日 ハローモア 牡4 1:49.8 森安重勝 尾形藤吉
第35回 1961年4月23日 オンワードスタン 牡4 1:50.3 保田隆芳 二本柳俊夫
第36回 1962年4月21日 ギントシ 牡4 1:51.2 梶与四松 稲葉幸夫
第37回 1963年6月9日 ナスノミドリ 牡4 1:50.6 加賀武見 稲葉幸夫
第38回 1964年2月23日 トースト 牝5 1:52.2 保田隆芳 尾形藤吉
第39回 1965年3月21日 スイートラペール 牝6 1:50.8 野平祐二 野平富久
第40回 1966年5月1日 フジイサミ 牡5 1:53.7 津田昭 松永光雄
第41回 1967年6月4日 オンワードヒル 牡4 1:50.0 牧野三雄 中村広
第42回 1968年4月21日 シエスキイ 牡5 1:51.8 郷原洋行 大久保房松
第43回 1969年4月13日 メイジシロー 牡4 1:51.2 中野渡清一 本郷重彦
第44回 1970年4月19日 アカツキテル 牡4 1:53.4 増沢末夫 勝又忠
第45回 1971年4月18日 ヒダプレジデント 牡4 1:51.7 吉永正人 松山吉三郎
第46回 1972年3月12日 トウショウピット 牡5 1:50.2 増沢末夫 茂木為二郎
第47回 1973年3月11日 ジンデン 牡5 1:49.6 柴田政人 高松三太
第48回 1974年3月10日 ハイセイコー 牡4 1:52.1 増沢末夫 鈴木勝太郎
第49回 1975年3月9日 ヒカルジンデン 牡4 1:49.5 柴田政人 高松三太
第50回 1976年3月14日 ヤマブキオー 牡6 1:50.6 徳吉一己 森末之助
第51回 1977年3月13日 アイフル 牡6 1:49.2 嶋田功 仲住芳雄
第52回 1978年3月12日 カネミカサ 牡4 1:49.7 蛯沢誠治 成宮明光
第53回 1979年3月11日 カネミカサ 牡5 1:49.3 蛯沢誠治 成宮明光
第54回 1980年3月9日 ヨシノスキー 牡4 1:53.3 的場均 佐藤征助
第55回 1981年3月8日 キタノリキオー 牡4 1:50.4 田村正光 伊藤竹男
第56回 1982年3月14日 エイティトウショウ 牝4 1:49.3 中島啓之 奥平真治
第57回 1983年3月13日 エイティトウショウ 牝5 1:55.7 中島啓之 奥平真治
第58回 1984年3月11日 テュデナムキング 牡4 1:49.4 的場均 大久保房松
第59回 1985年3月10日 トウショウペガサス 牡6 1:47.6 中島啓之 奥平真治
第60回 1986年3月9日 クシロキング 牡4 1:48.0 岡部幸雄 中野隆良
第61回 1987年3月15日 スズパレード 牡6 1:49.6 蛯沢誠治 富田六郎
第62回 1988年3月13日 モガミヤシマ 牡4 1:47.2 柴田政人 古山良司
第63回 1989年3月12日 コーセイ 牝5 1:48.7 鈴木寿 尾形盛次
第64回 1990年3月11日 ホクトヘリオス 牡6 1:48.3 柴田善臣 中野隆良
第65回 1991年3月10日 ユキノサンライズ 牝4 1:47.7 増沢末夫 鈴木康弘
第66回 1992年3月15日 ダイナマイトダディ 牡4 1:48.5 加藤和宏 鈴木康弘
第67回 1993年3月14日 ムービースター 牡7 1:47.0 岸滋彦 坪憲章
第68回 1994年3月13日 サクラチトセオー 牡4 1:48.9 小島太 境勝太郎
第69回 1995年3月12日 フジヤマケンザン 牡7 1:50.3 蛯名正義 森秀行
第70回 1996年3月10日 サクラローレル 牡5 1:47.2 横山典弘 境勝太郎
第71回 1997年3月9日 キングオブダイヤ 牡5 1:48.7 柴田善臣 清水利章
第72回 1998年3月15日 サイレンススズカ 牡4 1:48.6 武豊 橋田満
第73回 1999年3月14日 キングヘイロー 牡4 1:47.5 柴田善臣 坂口正大
第74回 2000年2月27日 ダイワテキサス 牡7 1:46.8 後藤浩輝 増沢末夫
第75回 2001年2月25日 アメリカンボス 牡6 1:47.7 江田照男 田子冬樹
第76回 2002年2月24日 トウカイポイント 騸6 1:45.4 岡部幸雄 後藤由之
第77回 2003年3月2日 ローエングリン 牡4 1:47.6 後藤浩輝 伊藤正徳
第78回 2004年2月29日 サクラプレジデント 牡4 1:44.9 武豊 小島太
第79回 2005年2月27日 バランスオブゲーム 牡6 1:46.5 田中勝春 宗像義忠
第80回 2006年2月26日 バランスオブゲーム 牡7 1:48.9 田中勝春 宗像義忠
第81回 2007年2月25日 ローエングリン 牡8 1:47.2 後藤浩輝 伊藤正徳
第82回 2008年3月2日 カンパニー 牡7 1:47.3 横山典弘 音無秀孝
第83回 2009年3月1日 カンパニー 牡8 1:49.2 横山典弘 音無秀孝


レースレコード - 1:44.9(第78回優勝馬サクラプレジデント)



タグ:競馬予想 無料  ゲーム
競馬予想 無料 中山記念 歴史


  • 1952年
    • 年2回制から年1回制に変更。
    • 施行距離を芝2400mに変更。
  • 1956年
    • 中山競馬場の改築完了により中山改築記念の副称が本年のみ付く。
    • 施行距離を芝2600mに変更。
  • 1957年 - 施行距離を芝1800mに変更。
  • 1958年 - 出走条件を5歳(現4歳)以上に変更。
  • 1959年
    • 出走条件を4歳(現3歳)以上に変更。
    • 野平祐二が年1回制での騎手として史上初の連覇。
  • 1960年 - 前年の9月1日から日本競馬の時計が変更になったのに伴い、時計表示が1/5秒表示から1/10秒表示に変更。
  • 1961年 - 出走条件を5歳(現4歳)以上に変更。
  • 1963年
    • 出走条件を4歳(現3歳)以上に変更。
    • 稲葉幸夫が年1回制での調教師として史上初の連覇
  • 1964年 - 出走条件を5歳(現4歳)以上に変更。
  • 1967年 - 出走条件を4歳(現3歳)以上に変更。
  • 1968年 - 出走条件を5歳(現4歳)以上に変更。
  • 1972年 - 負担重量を別定に変更。
  • 1979年
    • カネミカサが年1回制での史上初の連覇。
    • 蛯沢誠治が騎手として2人目の連覇。
    • 成宮明光が調教師として2人目の連覇。
  • 1983年
    • エイティトウショウが2頭目の連覇。
    • 中島啓之が騎手として3人目の連覇。
    • 奥平真治が調教師として3人目の連覇。
  • 1984年
    • グレード制施行によりGIIに格付け。
    • 混合競走に指定。
  • 1988年 - 中山競馬場の改修工事により東京競馬場の芝1800mで施行。
  • 1992年 - 鈴木康弘が調教師として4人目の連覇。
  • 1994年 - 2着入線のケントニーオーが進路妨害により5着降着。
  • 1995年 - 3着入線のウインドフィールズが進路妨害により5着降着。
  • 1996年 - この年から地方所属の騎手が騎乗可能となる。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。
  • 2005年 - 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は4頭まで出走可能となる。
  • 2006年
    • バランスオブゲームが3頭目の連覇。
    • 田中勝春が騎手として4人目の連覇。
    • 宗像義忠が調教師として5人目の連覇。
  • 2007年
    • 日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が8頭に拡大。
    • ローエングリンが年1回制で4頭目となる2度目の優勝。
  • 2008年 - 負担重量が賞金別定からグレード別定に変更。
  • 2009年
    • カンパニーが年1回制で5頭目となる2度目の優勝にして、かつ4頭目の連覇。
    • 横山典弘が騎手として5人目の連覇。
    • 音無秀孝が調教師として6人目の連覇。

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]